東京都森林組合

Forestry union

ホーム > 活動紹介 > みんなと一緒の森林づくり

みんなと一緒の森林づくり

こちらでは、一般の方々や企業の社員の方がボランティアとして参加する

森づくり活動において、東京都森林組合が指導員としてサポートしている事例を

紹介しております。

多摩川水源森林隊

東京都水道局が多摩川上流域の人工林を、水源地にふさわしい緑豊かな森林に再生するため、ボランティアの方々と協力して森林保全を行う活動です。
【指導員としてサポートしている作業】
植栽・下刈・枝打・間伐作業、作業道作りなど

花粉の少ない森づくり運動 〜企業の森〜

(公財)東京都農林水産振興財団が花粉症対策で伐採した森林において、企業(団体)の協賛によって「花粉の少ない森づくり」を進めていく事業です。
協賛した森林では、社員の体験・研修の場として森林整備を行っています。
【指導員としてサポートしている作業】
植栽や下刈作業、歩道整備など

とうきょう林業サポート隊

(公財)東京都農林水産振興財団が市民からメンバーを募集し、メンバーがボランティアとして森林作業に携わり、森づくりをサポートする活動です。経験に応じた作業を行い、森林作業の一翼を担える人材の育成も目指しています。
【指導員としてサポートしている作業】
植栽・下刈・枝打作業、チェーンソーを用いた作業など


中央区の森

中央区では区内の在住者、在勤者、在学者を対象に森林体験や森づくり活動を行っています。また伐採した材からベンチや家具なども作成しています。
【指導員としてサポートしている作業】
植栽、山林ツアーなど

民間企業のCSR活動

サントリーホールディングス株式会社は、「工場で汲み上げる地下水よりも多くの水を生み出す森を育む」ために、地下水の水源を調査、「天然水の森」を設定し森林整備を行っています。「天然水の森 とうきょう秋川」では、社員研修の一環として森林整備活動が行われています。
【指導員としてサポートしている作業】
落葉広葉樹林における常緑樹の除伐作業など

ページトップへ