東京都森林組合

Forestry union

ホーム > 活動紹介 > 多摩産材製品の納品紹介

多摩産材製品の納品紹介

こちらでは、多摩産材を利用した製品の納品事例を紹介いたします。

集成材家具

【東京都庁 パンフレット立て】
都庁第一本庁舎の1階に、スギの集成材で作製しましたパンフレット立てを設置いたしました。たくさん来庁される所ですので、多摩産材のPRに一役買っています。



【高尾599ミュージアム】 
高尾山の麓に平成27年の8月にオープンした施設です。コンクリート打ちっぱなしの柱や白を基調としたディスプレー台が並ぶ中、ヒノキ集成材のカフェテーブル・カフェチェアー、本棚や踏み台などを設置し、木の温かみを感じられる空間となりました。高尾山は観光客が多く、こちらの施設も大勢のお客様が毎日ご利用になっていらっしゃいます。多摩産材の家具に触れていただける憩いの場となっております。

外部使用事例(木製遊具、木製テーブル等)

【わんダフルネイチャービレッジ】
東京サマーランドの敷地内に平成27年度にオープンしました、ドッグラン等があるアウトドア複合施設です。あじさい園もあり、季節よってお花や新緑をペットと一緒に楽しめる施設で都内や近県のお客様で賑わっております。園内にはたくさんの多摩産材製品が使われておりますが、この複合遊具はキッズエリア内に設置いたしました。緑の多い園内で、子供もワンちゃんものびのびと遊んでいます。



【わんダフルネイチャービレッジ】
上記と同じ施設内にテーブル、ベンチ、イスを設置いたしました。お弁当を広げるもよし、園内で売られている軽食をこちらでいただくもよし、ちょっと一休みをする時に多摩産材のベンチでくつろいでいただけます。こちらの製品はエコアコールウッドという特殊な保存処理で、世界文化遺産の「厳島神社」の海に浸かっている束柱でも採用されているもので製作いたしました。人にも動物にも無害な保存技術ですので、安心してご利用いただけます。

木製看板

【企業の森看板】
(公財)東京都農林水産財団が行っている「花粉の少ない森づくり運動」一環で、企業や団体に協賛いただいて森の整備を行っている事業があります。この看板は、檜原村の山の整備に御協力いただいております、環境ステーション様からのご依頼で製作したものです。山の整備が進むことは健全な森林環境が保たれ、都民の皆様にとっての財産でもある山林が次世代にも受け継がれていきます。



【企業の森看板】
こちらの看板も上記と同じ事業に御協力いただいている日本事務器株式会社様からのご依頼で作成しあきる野市内の山林に設置いたしました。



【区民の森看板】
あきる野市内にある、みなと区民の森の案内看板です。支柱や板面の下地にはスギ材をふんだんに使用し防腐注入後に焼き磨き加工を施しております。(案内図の部分はカラー印刷で細かい標記やイラストが多いため木材ではありません。)また、檜原村には中央区の森もあり、こちらの看板も製作、設置しております。上記のように行政間では協定を締結し、多摩地域の森林整備に助成していただいています。


木チップ舗装材

【モリグレース(ウィードロック)】
木チップを木質接着剤で固めた、木質100%の舗装材ブロックです。羽村市内の歩道に施工いたしました。こちらの商品は木チップ舗装では珍しい車両の乗り入れも可能になっており、ヒートアイランド現象の防止効果、透水性・保水性の両特性を持ち、歩行時のひざへの負担も軽減されるという、人にも環境にも優しい製品です。耐光、耐水性も高いので長く使っていただけます。



【ウッディーパレット】
上記と同じ製法で作られたブロックですが、テラスやバルコニーなど自分で簡単に敷くことのできるジョイントタイプとなっています。
写真は幼稚園の屋上に敷き詰めた施工例で水はけも良いので水たまりにもならず、表面が高温にならないので子供たちが遊んでも安心です。カラーバリエーションは48色と豊富にありますので、好みの組み合わせでカラーコーディネートを楽しめます。



その他木製品

【C種ガードレール】
エコアコールウッドという木材保存処理(フェノール樹脂含浸)を施したガードレールです。C種とは、50km/h以下の道路で使用可能です。土中のみではありますが「車両用防護柵性能確認試験方法」に定められた実車両衝突試験で合格しております。
写真の現場は、あきる野市の林道内で施工いたしました。森林内での景観に配慮し、安全も確保されたガードレールですので、ぜひご覧ください。



【クネット天童(多摩産材バージョン)】
スギ材を圧縮したものを積層材にし、丸棒加工後に曲げ加工を施しております。木製の手すりでありながら、(財)ベターリビングが定める優良住宅部品の手すりの認定基準をはるかに上回る強度が確保されています。写真の施工場所は、東京都青梅合同庁舎内の階段です。この手すりの良さは、独特の曲りが昇りでは引き付ける取っ手のような垂直部と、降りる際には水平面で杖と同じ役割となり、膝への負担が大幅に減少し、木材の暖かみがプラスされて見た目にも機能的にも優れた製品です。



学校への納品事例

【檜原村立檜原小学校】
檜原村は小・中学校共に木質化に力を入れており、内装材にスギ、ヒノキを使い、学童机・イスセットもヒノキで製作いたしました。風邪をひく生徒も激減し、心も体も健康になったと先生を始め村長も大喜びです。



【奥多摩町立古里小学校】
奥多摩町も学校の木質化には力を入れており、小・中学校の木質化を進めております。氷川の学校と古里の学校で設計士が違いますので、それぞれ特徴があり素敵に仕上がっております。当組合では、内装材の供給と大人用の下足入れを納品いたしました。



小物木工品

【レーザー加工製品】
当組合ではレーザー彫刻機を2台保有しており、商品にロゴやメッセージを入れたり、看板の製作や、木製名札、ノベルティーグッズなども対応しております。是非ご相談下さい。



●現在までに、お客様からのご要望でお作りした製品は多数あります。今後は、積み木などのおもちゃもなども販売していきたいと思っております。 木製品で何かお探しの物がありましたら是非一度ご相談下さい。

ページトップへ